ラブグラで燃えた私たちの思い出の日!女性用バイアグラの利点

不感症の原因

不感症

不感症とは、性感以上の一種です。特に女性に悩む人が多く、性交はできるけれど、快感が少ないとか、感受性の低下、更には全く感じない状態と定義されています。また快感はあるが、性的オーガズムに達することが出来ないことも不感症と感じる人もいらっしゃるようです。
また、悩む人の中には、身体的・潜在的な異常を持つことが要因となる方もいます。
性欲を全く欠く場合は、性交無欲症と呼ばれ、性欲も快感も欠いているといった場合は、冷感症と呼ばれますが、これらとの区別ははっきりとついていません。
女性が性的オーガズムを感じ、イク・達する・絶頂感を起こすという状態を言葉であらわすと、骨盤底と平滑筋の快適けいれんを起こし、膣壁および子宮体部の収縮、それと同時に全身の交感神経の興奮が引き起こされ、達した直後には脳内でオキシトシンといわれる幸せホルモンが分泌され強い快感・満足感を得るのです。

原因を探ろう!
原因は、メンタル面と身体的な要因があります。
メンタル面は、トラウマなどによる性交への恐怖心、妊娠への恐怖、男性恐怖、性交に対する嫌悪感・羞恥心を抱いている場合などです。
身体的な要因は、性器疾患による性交痛、女性が性交に慣れていないことによる性器の発育不全による性交痛があげられます。
または、妊娠などで女性ホルモンのバランスが崩れ、生理的に性交を受け付けなくなった場合も。
そして、相手の男性が早漏・勃起障害・EDなどの疾患を持っていたり、前戯がおろそかだった、粗暴な性格だった場合など相手が原因である場合です。
相手が原因の場合は、パートナーとのコミュニケーション不全が大きく関わっているようです。
絶頂感を感じたことがあるのに、のちのち感じなくなったという場合には、夫への不信、浮気、無理解な相手への怒りなどで相手への愛情がなくなっていった場合があげられます。

症状はどんなものがある?
性欲はあるけれど、絶頂感が弱かったり、達しないといった極めて絶頂感が弱い状態から絶頂に達しない、膣内が濡れない、性交痛はないが全く感じない、ただ棒が入っている感じしかない、クリトリスは感じるが、膣内は感じないなど、性格のように症状も人それぞれグラデーションのように千差万別のようです。